COLUMN

SEOとは?SEO対策の前に知っておくべきこと【簡単理解】

2021.09.24SEO対策

よーし!SEO対策するぞー!
ちょっと待ってください。SEOの意味をちゃんと理解していますか?理解をしていないとちゃんとした対策を取ることができませんよ!
キーワードをたくさん増やしてリンクをたくさん貼ればいいんだよね!
もしかしたらその考えはちょっと古いかもしれません。

初心者が抑えたいSEOと対策の意味

SEOの言葉の意味

SEOとは

Search Engine Optimization
サーチ エンジン オプティマイゼーション

日本語に言い換えると「検索エンジン最適化」となります。余談ですが類似する言葉でLPOとありますが、こちらは「ランディングページ最適化」になります。

SEO対策の対策とは

検索エンジン最適化は主にGoogleでの検索結果で自社Webページを上位に表示させようという試みを指します。検索結果で1ページ目になるには最低でも10位。広告枠やYouTube動画で押しだされる場合は6位以内に入っていないとクリックしてもらう機会は限りなく低くなってしまいます。いくら中身が面白くてもクリックされなければ全く意味がありません。

SEO対策の本質とは?

「SEOとは検索エンジン最適化を指します」と言いましたが、もっと簡単に言い換えると「人にとって役立つコンテンツを届ける」となります。

それでは人にとって役立つコンテンツとはどのように作っていくかを次に紹介していきます。

人にとって役立つコンテンツとは

ターゲットを見定める

昨今のSEO対策は「キーワードを盛り込みましょう」「内部構造が〜」など様々な施策があり、本当の解決方法に辿り着く事が困難になっている状況です。

ですが、何年も前から検索エンジンの目指すゴールは「人にとって役立つコンテンツを正確に届けること」なので、意外とサイト改善はシンプルだったりします。いくつか例をご紹介いたします。

若年層をターゲットにしたサイト

専門的なキーワードには必ず補足を入れて読みやすさを改善。また補足によるキーワード流入を増やすことで多方面のSEO対策が実現できる。視覚的要素(画像)も多く取り入れalt情報を入れてメディア検索にもヒットするように工夫するなど。

専門的な製品などを扱うサイト

難しいと思われる専門的なキーワードも積極的に使用しニッチなジャンルでの検索結果上位を目指す。リテラシーが低い層もターゲットにする場合はQ&Aや知識コラムを発信し見込みとなる顧客(潜在している客層)を育てていくなどして信頼と実績があるように見せるなど。

簡単に2つの事例を上げましたが、この事例は見せ方が酷いサイトの体裁を整える手法の1つになります。また、事例にそれぞれ見出しが付いていると思いますが、この見出しはサイトのターゲットです。ターゲットが明確でないと効果的な施策は打てません。

人に役立つかの視点で施策は様々

人に役立つという視点を忘れずに対策を考えていくと自社サイトに足し算をして最適化をしていくのか、自社サイトとは別にサイトを制作した方が良いのか、など様々な答えが出てきます。

誰でも分かるSEO対策の代表的な施策は、コラムなどのメディア発信をしてPV数を増やす方法です。たしかにPV数を増やすことは出来ますが、果たしてお問い合わせに繋げることができるでしょうか?

例えば、ダイエット商品を売りたいのにダイエットの方法で筋トレなどの全く商品とは違う情報発信をしていたら商品を購入する気になりますか?たしかにPVは伸びるかもしれませんが、努力に対して購入数は少ない可能性が高いです。

だったらコラムよりもランディングページを制作してリスティング広告を打ち出したり、他の商品に負けないように商品ページの内容拡充をした方が効果的でしょう。

このように求める結果に対してやり方を間違えるとただ無駄にブログを書いてるだけに陥ります。そのような運用が良いなら他ドメインでブログを立ち上げ、アフィリエイト収入を得た方がよほど利益になることでしょう。

まとめ

如何だったでしょうか?
SEOの定義は「人にとって役立つコンテンツを発信する」とシンプルですが、シンプルゆえにどのように自分のサービスと結びつけないといけないかは深く考えなくてはいけません。

ユウショウではお客様のサービスに合わせたSEO対策、もっと違う言い方をすると集客や認知を高める試作を考えられますので是非ご相談下さい。

お問い合わせはこちら
PAGETOP